メタバリアSの副作用について知っておこう

メタバリアSに副作用はないの?ケセルチンって?危険性はないの?

 

薬局や病院などでお薬を処方してもらう時に、以前飲んだ薬で副作用があったかどうかを聞かれることは多いのではと思います。

 

同じような効果のある薬でも、成分によっては副作用が起きてしまうなんてこともあったりしますよね。

 

薬が処方されるときには、あらかじめ専門の薬剤師さんが薬を選ぶことで副作用を出さないようにすることが出来ますけど、普通に売っている市販のお薬や、サプリメントだと、自分でその副作用に対して注意しないといけません。

 

メタバリアSは機能性表示食品に分類されるサプリで、医薬品ではありません。

 

とはいえ、サプリでも副作用がまったく無いというわけではなく、実際に副作用が起きた人がその事を口コミしている事も多いです。

 

メタバリアSで副作用が起きたという人はどういった症状が出たのでしょうか?
メタバリアSを飲む際に体質的な向き不向きがある事も知っておきましょう。

 

 

メタバリアSに起こる副作用って?

 

実際にメタバリアSを飲んで、副作用が起きてしまったという人は、どういった症状が出たのでしょうか?

 

サプリは薬ではなく食品ですから、副作用についてはそこまで深刻に考える事でもないのかもしれないですが、とはいえど飲む人の体質にあっていないものだったり、効果が強めに出てしまう人など、人それぞれによる所も多いです。

 

サプリの利点は気軽に飲むことが出来る事ですが、何も考えずに飲んでしまって、予想外に副作用が起きる事もあったりしますから、飲む前に自分の体に合っているのかをちゃんと調べておいた方がいいでしょう。

 

例えば、メタバリアSを飲んだ人におきた副作用と思われる症状はこのようになっています。

 

  • ・お腹にガスが溜まっておならが出やすくなった
  • ・飲んだらお腹の調子がおかしくなり、毎日のように下痢をした。
  • ・便が柔らかくなった。

 

といった症状が報告されています。ちょっとお腹に関する症状が多いですね。

 

メタバリアSは元々メタバリアスリムというサプリをリニューアルした商品ですが、メタバリアスリムでも副作用があったという報告がネットなどで多数みられました。

 

メタバリアSとメタバリアスリムは成分的にはほとんど変わっていませんから、メタバリアスリムで起きた副作用を参考にしてみるのもいいかもしれませんね。

 

どうして副作用が起きるのか?

 

メタバリアSに含まれる成分にはサラシア由来のサラシノールがあります。

 

先で紹介したメタバリアスリムにはこのサラシノールが0.8mg含まれています。
その後継商品であるメタバリアSには1.0mgがふくまれています。

 

サラシノールは身体の中で用の吸収を抑制する効果がありますから、これをダイエットに利用することが出来るわけです。

 

更に腸の中の環境を整えてくれる効果もありますから、便秘などにも有効なわけです。

 

なので元からの腸の状態によってお腹の動きも変わってきて、お腹が緩くなったり、お腹にガスが溜まりやすくなるという可能性もあるという事です。

 

ですから元々腸が弱い人だと腸内の環境が整うまでの間、お腹を下したりなどの症状が出てくることもあるというわけです。

 

こういった副作用が気になっても、大体数日〜1週間程度で症状が治まってくるとの事ですが、でもやっぱり仕事の間や外出中だったら気になりますよね。

 

その時は自分の体調に合わせて無理をしないように飲むようにして下さい。

 

メタバリアSを摂取する上での注意事項にも、「体調に異変を感じたら速やかに中止し、医師に相談を」といった記載があったり、「医薬品を服用中の方、通院中の方などは医師や薬剤師に相談を」とも書かれています。

 

注意事項や用法容量をちゃんと守れば、メタバリアSはその効果を発揮してくれます。
強い副作用が出てしまった時は無理をしないでその時の自分の体調を優先して、飲むようにしていきましょう。

 

メタバリアSには人によっては副作用のような症状が出る事が分かりましたね。
こういった反応が起こるのは、元々の腸内環境が人によって違いっていたりなど、その体質によっても変わってくるわけです。

 

なのでメタバリアSを飲む前に、自分の体質に合ったいるかどうかをちゃんと調べて、問題なく飲めると分かってから飲み始めるといいでしょう。

 

メタバリアSに入っているケルセチンって何?

 

ケルセチンという成分は今ダイエット業界で注目されている成分です。
ダイエットのサポートを効果的にしてくれるという事でその評価も高いです。

 

ダイエットにそれだけ効果があるのなら、体重を減らすのにも効果がありそうですが、どういった効果が具体的に期待できるのでしょうか?

 

まだ世間的には名前が知れ渡っていないため、どういった効果があって、副作用などの危険がないのかなど、ちゃんと知っておいた方がいいでしょう。なのでここからは、メタバリアSに入っているケルセチンについての事を解説していきます。

 

ダイエットを手伝ってくれるケルセチンとは

 

ケルセチンは脂肪の吸収を抑えてくれたり、抗酸化作用や抗がん作用、降圧作用といった効果があるといいます。
脂肪の吸収を抑制するだけでなく、身体の健康にも貢献してくれる事から、積極的に摂った方が良いとされている成分となっています。

 

ケルセチンはポリフェノールの一種で、この他にも色々な食品に入っている事も、安全性が高いとして注目されています。このケルセチンは玉ねぎに特に多く含まれ、玉ねぎを多く食べるダイエットも以前流行ったことがありました。

 

玉ねぎ以外では、ブロッコリーやリンゴや緑茶といった食品にも含まれていますから、普段の食事からでもとることが出来るのですが、ならばメタバリアSをわざわざ飲まなくても、普段の食事で何とかなりそうなものですが・・・

 

実は食品だけでは吸収しきれないケセルチン

 

ケセルチンが入っている食品は色々とありますが、このケセルチンはそれだけだと水に溶けにくいという性質があって、身体にも吸収されにくいという困った点があります。

 

なのでいくらケセルチンを多く含む食べ物をただ食べているだけでは、ケセルチンは身体には吸収されません。
そのまま外へと排出されてしまいます。

 

ケセルチンを含まないものを食べるよりも効果はありますが、メタバリアSと同じぐらいの効果を得る事は食事だけでは難しいのです。

 

メタバリアSだとケセルチンを吸収できるようになるのはどうして?

 

メタバリアSに配合されているケセルチンは水溶性に改良されていて、ケセルチン配糖体として身体に吸収されやすいようになっています。
ケセルチン単体よりも効果を実感することが出来て、身体にも吸収されやすいので、成分の効果も発揮しやすいです。

 

一般の食品でもケセルチン配糖体が入っている物もあって、玉ねぎにもケセルチン配糖体が入ってはいますが、肝心の配糖体が多量に含まれているのは皮の部分になってしまうので、残念ながら食べることは出来ませんね。

 

メタバリアSだったらケセルチン配糖体でダイエット効果をより多く発揮できますから、普通の食品やダイエット用サプリと比べて満足度が高めになっているのですね。

 

ケセルチンにも副作用の危険性が?

 

普通の食品にも含まれているというケセルチンですが、以前実験マウスを使った実験で、マウスが死んでしまうという報告があり、問題になった頃がありました。

 

でもこれは、マウスに与えたケセルチンの容量が160mgでした。この量を人間の身体に換算すると、玉ねぎ120個分の容量となりますから、一度にそんな量を与えれば、身体がおかしくなるのも当然ですね。

 

実際の人間がそれだけの量のケセルチンを摂る事はまずないと思いますから、もしもメタバリアSを飲み過ぎてしまったとしても、ここまで身体に影響を与える事は無いと思われます。

 

メタバリアSに配合されたケセルチンは、普通の食品に含まれているそれよりも体内への吸収が高く、効果の実感も早いですし、ササっと飲むだけで済みますから、ケセルチンを簡単に摂ることが出来るわけです。

 

とはいってもメタバリアSを過剰に飲んだところで効果が強まったりすることはないので、正しい摂取量をきちんと守って続けていきましょう。

14日間のお試しパックが500円(税抜き)!まずはちらで試して見るのがおすすめです!

お試しパックの詳細はこちら